このページにたどり着いたということは、太陽光発電に少し関心があるのだと思いますが、たまに太陽光発電を設置するなんてやめたほうがいい、元が取れないという方がいらっしゃいます。

どうしてそんなことが言われているのかということが業者の裏事情に深く関係してくるので、今回はそのあたりを解説してみようと思います。

太陽光発電を利用することによる収支バランスは、事前にシミュレーションができる

太陽光発電を設置する場合、必ず発電量などのシミュレーションを行って、どのくらいで投資コストが回収できるのかを事前に算出しますよね。

ということは、事前に設置した方が良いのかしない方が良いのかというのはそこで分かるはずなんです。

しかし、太陽光発電を設置した人の中には不満を漏らす方がいます。

どうしてかというと、一言で言えば悪徳業者に騙されているからなんです。

事前のシミュレーションを誤魔化されたということですね。、

悪徳業者じゃなければ大体事前のシミュレーション通りになりますので、後から不満を抱くなんてことは本来ないんです。

太陽光発電を設置すべきではない家というのは、シミュレーションの段階で把握できるはずですから。

それでも太陽光発電を設置するのはやめた方がいいと言われるのは、その人がが悪徳業者に騙されたからでしかありません。

そのことになかなか気がつかないようで、

「悪徳業者に太陽光発電を依頼した自分が悪かった」

ではなく、

「太陽光発電はやめた方がいい」

という結論に至ってしまう方がいるようです。

そういった方の間違った意見にとらわれずに、まずはシミュレーションをしてみることをおすすめします。

一括見積もりサイトを利用すれば、複数の優良業者から見積もりがもらえます。

これで本当に太陽光発電はやめた方が良いのか、やった方が良いのかが一目で分かるでしょう。