太陽光発電システムは大きく分けて、「産業用」と「住宅用」に分かれます。

産業用太陽光発電システム
  • 発電量が10kW以上
  • 国、自治体補助金対象外
住宅用太陽光発電システム
  • 発電量が10kW未満
  • 国、自治体補助金対象

産業用太陽光発電システムは発電量50kWを境として2つに分類されます。

これは、売電の関係で電力会社との系統連系が50kWを境として、50kW未満の太陽光発電システムは一般的な低圧電力として、50kW以上の太陽光発電システムは高圧電力として連系することになります。

高圧連系では、高圧受電設備を設置しなければならないので太陽光発電システムの導入費用コストが一気に上がります。

届け出の有無

届け出が必要か必要でないかは、出力の規模によって分かれます。

50kW未満(低圧連系)の場合

不要(「一般用電気工作物」に該当する為)

50kW以上500kW未満の場合

必要(「自家用電気工作物」に該当する為、経済産業局に保安規定を届け出)

500kW以上1000kW未満の場合

必要(工事計画書の届け出や使用前安全管理審査な)

になります。
50kW以上の高圧連系の場合は、カスタマイズや手続きが多くあります。

太陽電池モジュールの違い

住宅用で使用する太陽電池モジュールと産業用で使用する太陽電池モジュールは基本的には同じものを使用しています。つまり、性能は同じという事です。

産業用の太陽光パネルがあるメーカーもあり、その違いはパネルの「サイズ」です。

住宅用は小さな屋根に効率よく設置する為、サイズが小さく(だいたい、たたみ1畳分くらいの大きさ)スペースを有効活用できるような大きさになっています。反対に産業用のパネルは広いスペースに設置する為、1枚あたりのサイズが大きくなっています。

住宅用のパネルよりも一回り大きいイメージです。1枚当たりの出力も250Wが平均です。

「高層ビルの屋上で風が強い」、「海岸沿いなので塩害対策が必要」など、住宅用よりも過酷な環境へ設置する場合もありますが、その場合はその環境に適したパネルを使用します。

パワーコンディショナの違い

住宅用太陽光発電のパワーコンディショナは、通常2kW~5kW用です。例えば、住宅用太陽光発電で8kWを設置する場合は2台のパワーコンディショナを連結させて利用します。

一方、産業用太陽光発電のパワーコンディショナは10kW用が一般的ですが、50kW以内での設置であれば、住宅用の5kWパワコンを複数台連結させて設置が可能です。

50kWを超える高圧電力扱いのものは、 大容量のパワーコンディショナが必要になり、高額になります。

また、パワーコンディショナーは通常屋内に設置しますので、産業用のパワーコンディショナでは大型化し、設置用の建屋を造るなどの必要も出てきます。ただし、一部のメーカーでは、屋外型のパワーコンディショナーも販売しているようです。

架台の違い

産業用太陽光発電の場合、住宅用のように瓦やスレートの屋根に設置する事は少なく、たいていが陸屋根や折板屋根、土地への設置となりますので、1件1件、現地調査などを元にオーダーメイドで架台を組んでいきます。

住宅用は屋根の形状にあわせていくつかのパターンが決まっておりキット化されて生産されている為、割安なのです。

設置環境が大きく異なる産業用太陽光発電の場合は、通常使用する架台と合わせて部材が必要になったり、基礎をつくる必要がでてきますので特注になります。