一般住宅に太陽光発電システムを導入する場合、おおよそ3kW~5kWの発電量のシステムを導入するのが通例のようです。

ある統計によると、導入した家庭の約8割が「電気料金を削減する」「売電収入によって家計の助けにする」を目的としています。
ただし太陽光発電システム導入を考える際に考えておかなければならないことがありあす。

それは「費用対効果」の問題です。つまり、太陽光発電システムの導入によって支出した費用を、何年で回収し、プラスに転じることができるのかということです。一つ目安として言われているのが10年という期間です。

では、自分の家に太陽光発電システムを導入した場合、10年以内に費用を回収し、収支をプラスとする、簡単に言うと元がとれるのか取れないのかはどのようにしてわかるのでしょうか。

そのために必要なのが設置調査、いわゆるシュミレーションです。

シュミレーションと太陽光発電

シミュレーションとは、太陽光発電システムを設置しようとする家屋の屋根を実際に見て、その形状や家屋の構造からパネルの設置可能枚数や、一日の日光の照射量を計算してみることです。

このシュミレーションを綿密に行っておかないと、設置したのはいいけれど満足する結果が得られなかったというリスクを負うことになります。

最近ではコンピューターを使って、その家屋の地図上の位置や航空写真によって確認できる屋根の大きさから、実際に現地に足を運ばなくても簡易的にシミュレーションできるシステムも開発されてはいますが、それはあくまでも二次元的なシュミレーションであって、実際には日当たりや家屋の構造などを三次元的に調べて正確な値を算出する必要があります。

そのためには、やはり専門の技術者による現地での設置調査が欠かせません

この10年程の間にTVCMや新聞折り込みチラシなどにより、太陽光発電というものが世間に認識されるようになりました。そのような広告媒体では太陽光発電システムを導入すれば「節電が期待でき、利益が出る」といった面だけがクローズアップされています。

太陽光発電についての世間での認知度が高まるにつれ、「太陽光発電って本当にもうかるの?」と興味本位で聞いてこられる方が増えました。

しかし、シュミレーションを行っていない段階では「ケース・バイ・ケースです」としか答えようがないのです (おおざっぱに答えるのであれば「大抵は儲かります。」で十分なのですが)。

フルオーダー商品である太陽光発電システム

「綿密なシュミレーションが必要」、こういった事情から太陽光発電システムは、よほどの知識がない限りDIY、いわゆる日曜大工で設置できるものではなく、専門業者による訪問販売が主流となってきました。

実際に訪問してお宅を拝見しなければ、売電できるほどの電気が生み出せるかどうかが判らないのですから、当然と言えば当然です。

言ってみれば、インターネットやカタログからお客様が好きなものを選んで、メールや電話やFAXで注文するいわゆるカタログ販売から最も遠いところに位置しているのが太陽光発電システムの販売なのです。

書籍や家電製品などのように定型な商品は、いつどこで誰が買っても必ず同じものが手に入ります。アマゾンや楽天のようなネットショッピングを利用すれば自宅に居ながら手に入れることができる便利な時代となりました。

しかし、オーダーメイドの洋服や靴のように採寸・型取りが必要なもの、また家具やインテリアや雑貨のように実際に自分の目で見て確かめたいもの、あるいは宝飾品や車のように高価なもの、さらに土地や美術品のように同じものが2つと存在しない一点モノに関しては、ネットで購入したいという人は少ないはずです。

太陽光発電システムは、設置調査という採寸・型取りが必要であり、実際に目で見て確かめたいものであり、高価であり、その家屋に合わせたカスタム品であり、要するにこれら全ての特徴を兼ね備えた商品と言えるのです。

太陽光発電の一括見積りで費用が300万円→190万円に!【110万円も安くなりました】


タイナビの一括見積もりサイトの記入ページの「その他ご意見・ご要望をご記載ください」という欄に「提示価格よりさらに安くしてください」と一言加えましょう。
一括見積もりに登録しているサイトは全て厳しい審査を通過している優良業者のですが、意外にギリギリまで値段を下げてくれます。
また、価格相場だけではなく補助金の確認もできるのが一括見積もりの強みです。