太陽光発電システム、特に太陽電池モジュール(太陽光パネル)は、屋根の上といった非常に苛酷な環境でも故障しにくいように作られています。しかしながら、システム全体がそのように丈夫につくられているわけではありませんし、例えば配線の一部に問題が生じただけでシステム全体が不調になることもあります。

太陽電池モジュールがいくら「メンテナンスフリー」だからといって、太陽光発電システム全体が「メンテナンスフリー」となるわけではないのです。

例えば、長寿命をうたわれる太陽電池モジュールに比べて、電気製品であるパワーコンディショナは、冷蔵庫や洗濯機などと同じように、約10年程度で寿命がくるものだと考えられています。太陽光発電システムの保証期間は基本10年で、有料で15年~20年に延長できるメーカーがほとんどです。

ですから、発電量は多少落ちるものの上手くいけば20~30年はもつ太陽電池モジュールについては問題ありませんが、パワーコンディショナについては基本の10年保証だと心許ないというのが実際のところです。懐具合が許されるのであれば、保証期間は延長しておく方が無難と言えるでしょう。

いくら長寿命の太陽電池モジュールといっても全く故障がないというわけではない

ある太陽光発電システムの運用と保守の研究者が、太陽電池モジュールにおいては機械的な故障は少ないものの、それ自体が高温になりすぎて内部のはんだ付けが剥がれてしまったり、熱を持つことで、断線してしまったりといった不具合や故障が、ごくまれに起こっていると報告しています。夏の直射日光を浴びる屋根は、温度が75度にも達すると言われています。

ですから、このような事態も十分に起こりうると言うことができるでしょう。

さらに太陽電池モジュール自体が丈夫であったとしても、それと他の機器をつなぐ配線に問題が起きることもありますし、太陽電池モジュール自体も、落雷による破損、大量の積雪によるたわみ、潮風によるサビ、地震によるがたつきといった不測の事態によって汚損することも考えられます。

太陽光発電のメンテナンスについて

通常の使用における不具合や故障については、保証期間内であれば販売店に連絡することで、無償に近いかたちで修理してもらえるでしょう。

ただし、販売店の中には、何かと言い逃れをして無償修理を拒否することがあるかもしれません。それは悪徳業者の特徴の一つと言えます。

しかし、太陽光発電システムは大がかりなシステムであり、また、その動作がはっきりと目に見えるものではなく、日々の生活に直結するものでないだけに、不具合や故障に気づかない方もときどきいらっしゃいます。極端な話、業者による定期メンテナンスの際に初めて気付く方もおられるほど故障に気づきにくい機器なのです。

もちろん、内部モニターで毎日の発電量を常にチェックしていれば、特に理由もないのに大幅に発電量が低下するなどの異常事態にはすぐに気づくことができるでしょうが、太陽光発電にそれほどの知識もなく、電気料金の増減にもそこまで関心がない方であれば、異常が起きていても気づかない事態も十分に考えられます。

太陽光発電システムは限りなく「メンテナンスフリー」に近い商品

他の家電製品と同様、まったく何もせずに放置しておいてよいわけではありません。

可能であれば、毎月、稼働チェックをし、定期的にメンテナンスを行うことで、より太陽光発電システムを長持ちさせることができます。メンテナンスが無理でも、最低、毎月の電気料金を見て、普段と変わったことが起きていないかどうかをチェックすることができていないと、宝の持ち腐れ、更に言えば、せっかく電気料金を低減しようとシステムを設置したのに、逆に損をしてしまうことになってしまう可能性があります。

異常を放置しておくと発熱や漏電から火災につながることもある

ごくまれですが、機器の故障や異常による発熱や発火は、パソコンやホットカーペットといった電気製品でも起こりうることですが、太陽光発電システムは大型機器であるだけに、火災の規模も大きくなる可能性があります。

やはり信頼のおけるプロによる定期的なメンテナンスは必要であると言えるでしょう。

太陽光発電のメンテナンス業者について

信頼のおけるプロ、それを見つけ出すことは素人にはなかなか困難なことです。

そんな場合には、太陽光発電システムの一括見積もりを利用してみるのがよいでしょう。名の知れた一括見積もりサイトでは、そこに登録される業者も厳しく審査しています。業績や実績に基づき、利用者の希望に対し、最もマッチする業者を紹介してくれます。

また、一気に5社分の見積もりが取れることも、比較検討がしやすくなり、うれしい限りです。現在、太陽光発電システムの設置をお考えの方々は、一括見積もりサイトの利用をご検討下さい。

太陽光発電の一括見積りで費用が300万円→190万円に!【110万円も安くなりました】


タイナビの一括見積もりサイトの記入ページの「その他ご意見・ご要望をご記載ください」という欄に「提示価格よりさらに安くしてください」と一言加えましょう。
一括見積もりに登録しているサイトは全て厳しい審査を通過している優良業者のですが、意外にギリギリまで値段を下げてくれます。
また、価格相場だけではなく補助金の確認もできるのが一括見積もりの強みです。