京セラと聞くと、我々の年代はどうしても“サムライ”というカメラを思い出してしまいますが、実は電子機器、情報機器、通信機器、太陽電池、セラミック、宝飾といった多様な商品を扱う会社なのです。

確かに、携帯電話にも京セラ製のものがありますよね。また、阪神やオリックスの試合が行われる大阪のドーム球場にも冠がついています。(京セラドーム)

太陽光発電業界でも京セラの業績はとても大きく、1993年に日本初住宅用太陽光発電システムを販売したのは、実は“京セラ”なのです。また、太陽光発電システムの保証制度をいち早く導入したのも“京セラ”でした。そうです、“京セラ”は現在の日本の住宅用太陽光発電システムの“生みの親”といっても過言ではありません。

「京セラ佐倉ソーラーセンター(千葉県)」に設置されている太陽光発電システムは、日本国内の大型システム用太陽電池では最も古いものと考えられていて、30年も前に設置されたにも関わらず、現在も稼働しているという驚きの結果をたたき出しています。それだけ、しっかりと作りこまれているということですね。
1-1gaikan
出典:なっとく!再生可能エネルギー

余談ですが、トヨタの新型プリウスに太陽電池を供給したのも京セラです。
199025

トヨタのハイブリッドカー、新型『プリウス』が18日に発売された。新装備として注目されているのが、ルーフ一体型のソーラーパネルだ。しかしこのソーラーパネル、意外なことにバッテリーへの充電はできないのだ。

「ソーラーパネル付ムーンルーフ」は、太陽光によって発電した電力でベンチレーション(換気システム)を作動し、駐車中に作動し常に車内を換気することができるというシステム。これにより炎天下でも車内の温度を一定に保つことができ、始動の際のエアコンへの電力や燃料消費を抑えることができるというもの。

そのためソーラーパネルはバッテリーには繋がっておらず、発電した電力は全てベンチレーションの作動に消費される。つまりバッテリーへの充電は行われないのだ。

ソーラーパネル付ムーンルーフは、「Sグレード」と「Gグレード」にオプション装備として設定され、価格はプラス21万円。この価格、高いと見るか安いと見るか…。
出典:レスポンス

京セラの多種類太陽光パネル

古くから住宅用太陽光発電システムを開発しているだけあって、京セラは特徴ある様々な屋根に合致するような太陽電池モジュールのラインナップを多彩に取り揃えています。「サムライ」「エコノルーツアドバンス」「エコノルーツR」「エコノルーツU」「エコノルーツG」「ヘイバーン」といったものですが、それぞれに特徴があり、お客様のニーズにできるだけ近づける努力をしていると言ってよいでしょう。

また、上記のうち、「エコノルーツアドバンス」は単結晶、それ以外は多結晶シリコンを採用しており、京セラだけでも太陽光発電システムの比較検討ができるようになっています。

京セラは垂木固定

太陽電池モジュールは、架台(かだい)と呼ばれる金属枠を直接屋根にビスを打って取り付けます。屋根にビスを打って固定するのはどのメーカーも同じなのですが、ビスを屋根のどこに打つのかはメーカーによって違います。ビスを打つ位置によって、“垂木固定”“野地板固定”の2種類の固定方法があり、京セラは三菱やリクシルエナジーと同じ“垂木固定”です。

インターネットなどで、垂木と野地板を調べればすぐ分かることですが、垂木は屋根の“骨組み”で、野地板はその上にかぶせてある板のことです。普通に考えれば、垂木に固定する方が安定しそうですが、実際に野地板に固定するメーカーもあるわけですから、野地板固定が弱いという訳ではありません。

ただ私見ではやはり垂木固定の方が頑丈ではないかと思います。

通常保証に自然災害補償が含まれる京セラ

太陽光発電の様々な基準はJET(財団法人電気安全環境研究所)によって定められています。太陽光発電システムの保証についても「10年間の機器保証」を付けなければならないとされています。ですからどのメーカーも最低10年の保証をつけています。ただその内容は各メーカーで異なります。ほとんどのメーカーがオプションとして自然災害に対する保証を付けているのに対し、京セラは基本の10年保証の中に自然災害に対する保証が含まれています。

太陽光発電システムは屋外に設置するものですので、様々な自然現象の影響にさらされます。

これは、住宅などの保険も同様なのですが、通常、自然災害に対する保証はオプションとする場合がほとんどです。保証を付ける側からすれば、太陽光発電システムは“屋外にある”というだけで故障のリスクが高いため、自然災害による無償の保証については敬遠しがちです。

台風や雷などの自然の力によって故障した場合、メーカー保証は適用されず有償で修理するのが通例です。この自然災害に対する保証が、京セラの場合、初めから基本の10年保証に組み込まれているのです。これはお客様にとって、とても手厚い保証だと言えるでしょう。

京セラすごいですね!

限定モデル「サムライ ブラック スペシャル」

j1Rro
出典:http://p.twipple.jp/j1Rro
京セラを販売する会社の中で、京セラFC(フランチャイズ)という代理店があります。実は京セラには京セラFCにしか販売させない限定パネルがあります。それは“サムライ ブラック スペシャル”です。

これは、あれこれ文章で説明するより、京セラのHPへ行って、是非実物を見てもらえれば一目瞭然なのですが、簡単に説明しておきます。

前述のとおり、京セラの太陽電池モジュールには“サムライ”という製品があります。

“サムライ”は屋根の形状に合わせられるように部品が開発されており、設置後の綺麗さには目を見張るものがあります。その“サムライ”のバックシートを黒にしてデザイン性を更に向上させたものが、“サムライ ブラック スペシャル”なのです。

特に屋根の色が黒の場合、太陽電池モジュールを設置しているかどうか分からないくらい屋根にマッチします。是非、実際に確認してみて下さい。

太陽光発電の一括見積りで費用が300万円→190万円に!【110万円も安くなりました】


タイナビの一括見積もりサイトの記入ページの「その他ご意見・ご要望をご記載ください」という欄に「提示価格よりさらに安くしてください」と一言加えましょう。
一括見積もりに登録しているサイトは全て厳しい審査を通過している優良業者のですが、意外にギリギリまで値段を下げてくれます。
また、価格相場だけではなく補助金の確認もできるのが一括見積もりの強みです。