太陽光発電システムというのは、家電製品のように形や大きさが決まっているものではなく、導入しようとする家屋の屋根の形状や向き、目標発電量などによってその内容が変化します。

つまり、太陽光発電システムはひとつひとつがオーダーメイドなのです。

屋根の形や向き、どのようにレイアウトするか、太陽電池モジュールの設置枚数などによって、費用が大きく変わってきます。ちょっとした家のリフォームだととらえるとイメージしやすいかもしれません。

次に太陽光発電システムの導入に際し、導入費用を考える上で、以下の項目についてしっかりと考えておく必要があります。

  • システム価格
  • 工事費
  • 補助金(国、自治体)
  • 売電収入
  • 月々の電気代
  • ローン費用
  • メンテナンス費用

太陽光発電システム導入費用の基準

太陽光発電システム導入費用の基準となるのが、 「補助金制度の支給条件である1kwあたりのシステム価格」です。

現在、補助金は国からのものはなくなり、地方自治体が独自で実施しているものしかありませんが、それぞれの地方自治体が定める基準に合致しないと、補助金は受けられないという事になります。

設置業者から見積をとった際には、1kwあたり工事費がいくらになっているのかを確認し、お住いの地方自治体が実施する補助金制度に合致するかどうかを確認するようにしましょう。
※メーカーや条件によっては、補助金支給条件の価格を切れない場合もあります。

補助金は減額されているが、導入費用も下がっている

補助金というのは、御存じの通り、それぞれの地方自治体が太陽光発電システムの普及を目的として、税金から支出しています。

太陽光発電システムの普及に伴い、補助金は減額されてきていますが、それではその補助金の減額によって導入費用を抑えたいユーザーにとってはメリットが少なくなっているのでしょうか。

補助金が少なくなる=メリットが少ないのではないかと思われがちですが、実はシステム価格も同時に下がっている為、メリット自体は、補助金制度創設のころと比べても、そこまで少なくなっているとは一概には言えないのです。

導入費用 実質導入費用
(補助金適用後)
2009年度との差分
2009年度 280万円 252万円 ▲28万円
2010年度 260万円 232万円 ▲28万円
2011年度 240万円 220.8万円 ▲24万円
2012年度 190万円 176万円 ▲76万円
2013年度 164万円 156万円 ▲8万円
2014年度
2015年度

2009年当時、補助金は28万円出ていますが、それ利用しても太陽光発電システム導入には252万円もかかっていました。

2013年では補助金の額は8万円とかなり減額となっていますが、実質導入費用は156万円で、かなり安価に導入できるようになってきていることが分かっていただけると思います。

太陽光発電の普及に伴い、補助金を出す地方自治体も少なくなってきていることは確かですが、まだまだ助成を行っているところも多く残っているので、ご自身がお住いの地方自治体の補助金は必ず調べるようにしてください。

生活スタイルから費用対効果をみてみましょう

電力会社の料金体系、導入した太陽光発電の発電能力など色々と複雑に絡み合っているので、この規模のシステムを導入したからいくら得をするといった杓子定規なお話はできませんが、以下、いくつかのパターンで導入費用回収までにかかる年数とその後年間で期待できる売電収入を算出していますので、お客様のご家庭に近いパターンを参考に見てみてください。
※導入費用回収後は、費用償還分をそのまま収益として計算してあります。

なお、設置条件により発電効率や発電量等に影響がありますので、あくまでも参考程度にご覧ください。

150万円のシステム(4kW)を導入した場合

共働きで日中含めほぼ外出しているご家庭

昼間の電気使用がほとんどない状態。1.0kWh使用

  • 6(日照時間)×3.0kW(余剰電力)×30日×33円=17,820円
  • 17,820×12=213,840円
  • 1,500,000÷213,840=7.0

約7年で回収

4人家族で小さなお子様がいるご家庭

昼間の電気使用は2.0kWh程度

  • 6(日照時間)×2.0kW(余剰電力)×30日×33円=11,880円
  • 11,880×12=142,560円
  • 1,500,000÷142,560=10.5

約11年で回収

日中家にいるがあまり電気を使用しないご家庭

昼間の電気使用がほとんどない状態。1.5kWh使用

  • 6(日照時間)×2.5kW(余剰電力)×30日×33円=14,850円
  • 14,850×12=178,200円
  • 1,500,000÷178,200=8.4

約8年で回収

※2012年より始まった“再生可能エネルギー固定価格買取制度”の2015年度、10kW未満、制御機器なしでの買取価格にて計算しています。

ざっくりとした計算なので、あくまでも参考程度ですが、昼間の電気使用がそれほど多くない場合、150万円クラスの太陽光発電システムであれば、約10年で導入費用は償還できる計算となります。
ただ、システムの設置状況にもよりますので、詳細なシュミレーションは、“一括見積もりサイト”などを利用して、専門家の意見を聞くようにしてください。