太陽光発電の業者というのは、正直なところ悪徳業者が多いです。

その業者がどうこうというよりも、太陽光発電のビジネスモデル自体が悪徳業者を生みやすい構造になっているというのが主な原因です。

今回は、そのあたりのことについて詳しく解説してみたいと思います。

悪徳業者が生まれやすい構造とは?

例えばあなたが太陽光発電を導入しようと思ったとして、おそらく太陽光発電を扱っている業者に連絡を取りますね。

すると、営業マンが来ることになると思います。

太陽光発電の販売をやっている営業マンは、歩合制で給料を貰っている場合がほとんどです。

あなたが契約書にハンコを押せば給料が入り、押さなければ入らないわけです。

すると、なんでも良いから売ってしまいたいという気持ちがどこかに出てきます。

無理やり売ってしまったことが後からトラブルになったとしても、太陽光発電というのは10年20年のスパンで考えていくものです。

その頃には、あなたの担当になった営業マンも、その仕事を退いている可能性が大なのです。

これが、悪徳業者が生まれやすい構造の真実です。

悪徳業者から身を守るために

そもそも太陽光発電のビジネスモデル自体が悪徳業者を生みやすいのですから、あなたのところに悪徳業者が来るのは当たり前だと思ってください。

業者自体は悪徳業者じゃなくても、あなたのところに来る営業マンまで誠実な人だとは限りません。

必ず対処法というのは考えておきましょう。

最も大事なことは、1つの業者だけを信じすぎないということです。

太陽光発電の導入が2回目、3回目という人はほとんどいないと思います。

誰でも初めての導入なわけです。

そんな状況で、営業マンが本当のことを言っているのかどうかは分からないでしょう。

だからこそ・・・

複数の業者で見積もりを取ってもらうことの重要性

1社だけでなく、複数の業者で見積もりを取ってもらうことにより、何が本当で、何が嘘なのかが分かるようになってきます。

複数の見積もりがあれば比較もできますし、交渉をする上での武器にもなります。

複数社での見積もりは一括見積もりサイトを使えばすぐにできますので、ぜひ利用してみてください。