イオン(AEON)と聞けば、ほとんどの方が「ああ!あのスーパーマーケットの!」という反応を示すでしょう。それほどイオンは私たちの生活の中で認知されています。

実はイオンは小売業だけでなく、さまざまな分野に進出しているイオングループがバックについています。

そのイオンがグループの全面バックアップを受ける形で、2012年に太陽光発電業界へ参入してきました。イオンは、太陽電池モジュールを全国のスーパーやコンビニの屋上などに設置し、2020年度までに発電能力を合計20万kW(一般家庭45000世帯分)にすると発表しました。

これは、2020年度へ向けた「イオンのecoプロジェクト」の一環です。発電した電力は“全量買取制度”を利用して売電し、その収益を、太陽光以外も含めた再生可能エネルギーへの再投資や、電気自動車(EV)充電設備、自家発電設備の整備に充てることを計画しています。

また、「ECOプロジェクト」は、発電設備を拡大、充実させていくとともに、エネルギー使用量の削減にも取り組むそうです。具体的には、2020年度に2010年度比でエネルギー使用量を50%削減することを目標としています。
また、新しく建設する店舗では、既存店舗の平均比でCO2排出量を50%削減した「次世代エコストア」を開発するとしています。

イオンの太陽光発電システム

イオンが提携した太陽光発電システムメーカーは“京セラ”です。ご存じの通り、京セラは日本のメーカーの中でも性能、実績とも申し分のない企業です。その京セラと太陽光発電業界へ参入時より業務提携し、京セラ製の太陽光発電システムを取り扱っています。

価格については、2013年5月の時点では51万円/kWで販売されていましたが、2015年年1月には39.3万円/kWに値下げが行われたようです。市場での京セラ製太陽光発電システムの価格は2013年から2014年までほぼ値動きがないことから、イオンが利益を削って販売していると思われます。

ちなみに、イオンが取り扱う太陽電池モジュールの型番は、京セラの型番にはないようですので、イオンが独自で販売するための太陽電池モジュールとして、生産されているのかもしれません。

イオンは京セラに加えてパナソニックのパネルの販売も始めています。パナソニック製の太陽光発電システムは2015年10月時点の情報で40.2万円/kWで販売されています。

パネルはパナソニックの独自高性能パネルHITの244Wのものが使われています。

イオンの太陽光発電システムを選択するメリット

冒頭で述べた通り、イオンで太陽光発電システムを導入する場合の最大のメリットは、イオングループの全面的なバックアップが得られることに尽きます。もともと日用品量販店である性格上、みなさんの生活圏内に必ずといっていいほど店舗が存在し、足を運びやすいという利点がある上に、購入に際しての支払いについても、グループのイオン銀行が提供する特別金利のソーラーローンが利用できます。

20万円以上1000万円まで利用可能で、太陽光発電システムと同時に実施するリフォーム工事にも利用できます。分割手数料は無料で、金利は2.65%の固定金利です。タイミングにもよりますが、低金利キャンペーンなども行われるようです。

施工については、“日本エコシステム”と提携しています。日本エコシステムは、太陽光発電システムの施工に関して実績、信頼度ともに非常に高い評価を得ている業者です。

設置後の保証についても、機器保証15年、出力保証20年、自然災害補償15年が無償(2015年10月現在)でついていますので、安心度も高いと言えます。サポートについてもフリーコールで専門部署に連絡したり、直接店舗でサポートを求めたりする事ができるので安心です。

更に前述のとおり、イオングループは多種多様な業種で構成されており、グループ内で住宅リフォームも行っているので、太陽光発電システム導入と同時に住宅リフォームを行う場合はさらなるメリットが生まれてきます。
このように、イオンでは、太陽光発電システムに関するワンストップサービスを実現しているのです。

しかし、すべていいことずくめではありません。低金利ローンが利用できるとしても、イオンの販売店としての仲介料を上乗せした価格は相場と比較すると多少高いと言えます。

例えばパナソニックの太陽光発電システムの価格は40.2万円ですが、現状では高くても40万円を切る相場となっており、相場より1~2割程度高い価格で販売されているようです。

イオンの太陽光発電口コミ・評判

最後に、イオンの太陽光発電システムに関する口コミをいくつか紹介したいと思います。

京セラのパネルを使っているということなので、性能面の不安は全くありませんでした。近所のイオンで手続きもできるので、遠くまで足を運ぶことがなく、手続きも簡単にすみました。
<30代後半 男性>
故障やトラブルがあっても、イオンの店舗やフリーダイヤルなどですぐに対応してくれました。仲良くなった店員さんに話しかけるだけなので、ちょっとした相談もしやすいです。
<40代後半 女性>
自然災害補償も15年ついているので、長く安心して使えます。
<50代前半 女性>
すべてのイオンに太陽光発電の担当者がいるわけではないので、しっかり確認してから決めたほうがいいと思います。
<20代後半 男性>
太陽光発電の一括見積りで費用が300万円→190万円に!【110万円も安くなりました】


タイナビの一括見積もりサイトの記入ページの「その他ご意見・ご要望をご記載ください」という欄に「提示価格よりさらに安くしてください」と一言加えましょう。
一括見積もりに登録しているサイトは全て厳しい審査を通過している優良業者のですが、意外にギリギリまで値段を下げてくれます。
また、価格相場だけではなく補助金の確認もできるのが一括見積もりの強みです。