shutterstock_286563368
太陽光発電は元を取るのにどのくらいかかるのかということはよく話題に上がる内容です。

大体10年から15年くらいだというように言われることが実際のところ多いと思います。

しかし、それは何も工夫をしなかった場合です。

元を取るまでの年数を短くするためにある程度工夫をすることができれば、10年もかからず元を取ることが可能になります。

今回は、その為のルールや必要なことについて解説したいと思います。

決められた条件の中、発電量を増やすのは難しい

基本的に太陽光発電というのは、どのメーカーのものを買おうが、どの種類のパネルを設置しようが、家の条件によって発電量には上限があります。

小さい屋根にもかかわらず、爆発的に発電するというのは当たり前ですが不可能です。

多くの人はこちらの方に意識が向きがちだと思うのですが、発電量に関する部分は努力や工夫でどうにもならなかったりします。

では、どうしたら良いのかということですが・・・。

太陽光発電を安く設置できれば元を取るのも早い

安く設置するにはどうしたら良いのかということに目を向けましょう。

10年で200万円分の発電でが可能なシステムがあったとします。

1年あたり20万円分です。

これを180万円で購入すれば、元を取るまでにかかるのは9年となります。

240万円で購入すれば12年です。

同じシステムでも、安く設置できればその分元を取るまでに掛かる期間も短くなります。

そんな事言ったって、安くならないんじゃないの?

と思われるかもしれないのですが、それが以外となるのです。

例えばあなたが200万円で太陽光発電を購入したとします。

このうち、販売業者に入る報酬はどれくらいだと思いますか?

答えは70万円~100万円です。

もちろん業者によって違うでしょうが、私が以前働いていたところはこのくらいの額でした。

つまり、60万円くらいなら値下げ交渉に応じる余地があるということです。

比較して交渉を行えば太陽光発電は安くなる

とはいえ、ただ安くしてくれと言うだけで安くしてくれるほど業者も優しくないでしょう。

そこで比較という言葉が出てきます。

「他の業者のところで見積もりを出したらそちらより30万円安かったのですが・・・」

というような話をすれば、業者も値下げをせざるを得なくなります。

これを言うために、見積もりを取る際は複数の業者を使いましょう。

この業者で買おうというのが決まっていたとしても、比較をすることによって交渉時の武器を持つことができます。

ネットの一括見積もりサイトを使えばすぐに見積もりを比較できるので、有効に活用してみてください。

太陽光発電の一括見積りで費用が300万円→190万円に!【110万円も安くなりました】


タイナビの一括見積もりサイトの記入ページの「その他ご意見・ご要望をご記載ください」という欄に「提示価格よりさらに安くしてください」と一言加えましょう。
一括見積もりに登録しているサイトは全て厳しい審査を通過している優良業者のですが、意外にギリギリまで値段を下げてくれます。
また、価格相場だけではなく補助金の確認もできるのが一括見積もりの強みです。