太陽光発電を導入する事で、「経済的」なメリットだけでなく「生活面」でのメリットもあります。

例えば、環境貢献ができている事、家庭内で節電に対する意識が高まり、コミュニケーションが増えたなどの効果もあり様々な恩恵をもたらしてくれます。

そのような太陽光発電のメリットとデメリット両方を把握することで有意義な太陽光ライフを送れるようにしていきましょう。

では、太陽光発電のメリットを見ていきましょう。

太陽光発電のメリット

売電できる(余った電気を売ることができる)

太陽が出ている間は発電が行われます。
そして、発電した電力はまず家庭内で消費されるのですが、すべて使用されずに余ることがあります。その余った電力は電力会社が10年間、固定の価格で買い取ってくれるのです。これが太陽光発電を設置する上での最大のメリットと言えるのではないでしょうか。
発電ができない夜間は電力を買い、昼間は余剰電力を売るという作業が自動的に行われ、売買の差額が収入として得られることになります。
さらに夜間に使用する電気は、時間帯別電灯契約を取り入れると、安く夜間電力を使用することができるため、さらにお得になりシステム設置の初期費用の回収を早めることも期待できます。

光熱費を削減できる

太陽光発電で発電した電力を自宅で使用する事ができる為、電気料金が削減できます。
各電力会社が電気使用料金の値上げを打ち出しており、発電した電気を自宅で消費することで、夏の冷房・冬の暖房の時期など需要の大きい時期には特に削減効果が期待できます。
さらに、太陽光発電を導入する際に、オール電化も導入するとガス料金も削減することができ、時間帯別の電気料金になるため昼間の高い電気代での使用を抑えることができますので更にメリットが出てお得になる場合もあります。
※ご家庭の状況によって異なります。
また、余った電気を電力会社に売ることができるので、設置費用の回収を早めることも期待できます。

災害時(いざという時)は発電した電力を使用できる

太陽光発電の場合、地震や台風、たつまきなどで電力会社からの電力の供給がストップしてしまったとしても太陽が出ている限り、発電ができます。
「自立運転機能」によって、自宅で電力を作って使うことができるのです。
太陽光発電パネルで作られた電気を、家庭用の電気に変換するパワーコンディショナにある非常用電源コンセントを使用すれば、非常時の電源となります。これから蓄電池の普及が拡大していった場合非常時に電気が使えるというのは大きなメリットになるのではないでしょうか。

実際に東北大震災では太陽光発電で得た電力を使い、テレビで情報収集したり携帯の充電や暖かい飲み物を作ったりしたそうです。

断熱効果upと屋根材の劣化を防ぐ

意外と知られていないメリットかもしれませんが、太陽光発電システムを設置することにより、パネルが断熱効果を発揮し、省エネ効果を得ることができます。
夏は直射日光を遮り、冬には熱が逃げるのを防いでくれる為です。新エネルギー財団ホームページによると、屋根裏の温度が設置の前後で夏は10℃く、冬は5℃高くなっています。
冷房や暖房の効率が上がり、部屋での生活を快適にしてくれると共に、光熱費の削減にもつながります。

また、屋根に太陽光パネルを設置することにより屋根の痛みを気にされる方もいますが、パネルによって屋根に直接雨や風があたるのを防ぐことができるので、むしろ老朽化防止につなげることができます。
太陽光パネルには屋根を保護してくれる役割も期待ができるのです。

クリーンなエネルギー

太陽光エネルギーは、重ねて強調しますが、クリーンなエネルギーです。
化石燃料を使った火力発電などのように発電時に地球温暖化の原因の一つであるCO2をほとんど排出しません。

無尽蔵なエネルギー

太陽光エネルギーは無尽蔵で、無償です。 石油や天然ガスなど資源の枯渇が世界的に危倶されるなか、太陽光について、そのような心配をする人はいないでしょう。特に、資源が乏しく輸入に頼っている日本にとって、太陽光エネルギーの活用は大きな意味があります。

燃料代がかからない

太陽から発せられる光線を利用した発電ですので、全く燃料代がかかりません。
おそらく、私を含めてこれを読んでいただいている方々が生きている間には太陽が無くなってしまうことはないでしょうから、そういった意味で石油や石炭のような化石燃料と違い、枯渇する心配がなく、無尽蔵なエネルギーだと言えます。

補助金を受けられる

2015年現在、国からの補助金はなくなってしまいましたが、お住いの地域を管轄する自治体から補助金を受けることができます。
※補助金の実施については、各自治体へお問い合わせください。

節電効果を高められる

太陽光発電では、昼間は発電した電力で生活する一方で、夜間など電力が足りなくなると買電します。
太陽光発電システムでは、今どれくらい電力を生み出していて、どのくらい電力を消費しているのか、その状況をモニターで把握することができます。そうすると節電に対する意識が自然と強まり、実際に効果として表われてきます。

メンテナンスが簡単で長寿命

太陽光発電は、エネルギーの変換に機械的な動作を必要としないため故障しにくいですが、メンテナンスフリーではありません。システムの耐用年数も15年といわれますが、環境の違いによりまちまちなので、発電量が低下したときは早めにメンテナンスを行うと長く利用できます

設置場所を選ばないなど利便性がある

騒音や排出物を出さないので、日射量を確保できさえすればどこにでも設置できます。

また、システム構成が簡単で、設置場所の広さに応じてパネルの面積を選択できるため、他の再生可能エネルギーシステムに比べて、設置しやすいという特徴があります。
その他、1カ所で大量の発電を行うよりも、各家庭や事業所などが独自のシステムを有する小規模分散型の方が、遠くから送電する必要がないので、送電ロスが少ないというメリットもあります。

設置費用が安くなってきている

今後も必ず安くなっていくとは言えませんが、太陽光発電システムの出始めの頃から考えると、費用は1/5ほどになっています。
また、国からの補助金打ち切りの影響で設置費用が少し安くなってきているようです。

夏涼しく、冬暖かい家になる

太陽光パネルが断熱材の役割を果たすため、室内の温度が、夏は下がり、冬は上がります。快適な生活が送れるうえ、光熱費の削減が実現できます.

ピークカット効果がある

太陽光発電は、昼間の日射が強い時間帯に、より多く発電します。電力消費量が多い昼間に、太陽光発電で自宅の電気をまかなうことができれば、電力会社の節電(ピークカット)にも貢献できます。
現在、節電は国をあげての課題となっており、長期にわたっての継続が必要とされることは必至です。

このように多くのメリットがあることから、太陽光発電は、次世代を担うエネルギーと期待されているのです。

2016年現在デメリットよりメリットのほうが大きい

太陽光発電の売電価格は年々下がっていますが、売電契約を結べば結んだ年から10年間は政府が買い取り価格を保証しているため、太陽光発電を早めに設置すればするほど、メリットは大きくなる上に太陽光パネルの設置費用が年々安くなっているので、売電価格が下がっていても設置費用が安いため、まだまだあと10年は利益が見込めます。

設置費用については設置する屋根の大きさやソーラーパネルなどによって金額が異なってきますのでまずは一括見積でおおまかな相場を知っておくと良いでしょう。
太陽光発電の一括見積には見積もりを格安にできる裏ワザもあるので是非ご活用ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

太陽光発電の一括見積りで費用が300万円→190万円に!【110万円も安くなりました】


タイナビの一括見積もりサイトの記入ページの「その他ご意見・ご要望をご記載ください」という欄に「提示価格よりさらに安くしてください」と一言加えましょう。
一括見積もりに登録しているサイトは全て厳しい審査を通過している優良業者のですが、意外にギリギリまで値段を下げてくれます。
また、価格相場だけではなく補助金の確認もできるのが一括見積もりの強みです。