太陽光発電を設置する上で気になるのはデメリット。デメリットを良く理解しメリットが上回るようであれば太陽光発電は設置したほうが良いと言えるでしょう。

太陽光発電のデメリット

発電量は日射量に左右される

太陽光発電システムの発電量は、設置環境によって異なります。

太陽光発電システムは一軒一軒のオーダーメイドになるため、あなたの家に設置した場合に十分に「もうかる」かどうかは、シミュレーションをしてみないとわかりません。

とはいえ、実際に業者を呼んでシミュレーションをしてもらうのは気が引けるという方も少なくないでしょう。
そういう方は一括見積もりサイトで設置費用を見積もってもらうついでに「何年で元が取れるのか」などと入力し見積もりしてみましょう。

太陽光発電とは、太陽光によって電気を起こすものですから、まず太陽光の日射量が最も重要な要素になります。

たとえば、夏の北極圏では一日中陽が沈まないと言われていますから、太陽光発電には最も適した環境と言えるかもしれません。しかし、北極圏では冬になると一日中夜が続くそうですから、年間を通してみるとあまり変わらないと言えるでしょう。

それどころか、緯度の高い北極圏は、赤道付近に比べて日射量が少なくなりますから、実際にはあまり効率のよくない地域になります。赤道に近く、年間を通して気温の高い地域は、それだけ太陽からの日射量が多く、発電量も多くなると言えます。

ですからおおざっぱに言えば、沖縄や九州などは北海道や東北などに比べて日射量は多いと言えるでしょう。

もっと正確に日射量を知りたい方は気象庁の出している年間日照時間のデータを見てみるといいでしょう。

気象庁の気象統計情報による日射量

まず、太平洋側は総じて日射量が多いのですが、北海道から中国地方にかけての日本海側の日射量が少なくなっています。これらの地域は降雨や積雪が多いため、晴天の多い太平洋側に比べるとどうしても不利になってしまいます。

ちなみに、ここで言う年間日照時間とは快晴の時間のみをさすわけではなく、太陽電池がぎりぎり発電できるくらいの日差しの時間も含んでいます。曇天であっても発電はしますが、快晴時よりもその量はかなり劣るため、ここで言う日照時間がそのまま発電量と比例するわけではありません。

北海道や東北が、四国や九州よりも日射量が少なくなってしまうのは確かです。

ただ、北海道や東北が太陽光発電に向いていない地域だというわけではありません。実際に北海道にはいくつもメガソーラー施設がつくられていますから、そんなに単純に判断できるわけではないのです。

たとえば、赤道に近くなればなるほどたしかに日射量は多くなります。しかし、熱帯や亜熱帯の地域には雲が多く、太陽からの光をさえぎっていることも多いのです。同じ九州であっても内陸部の山岳地帯には雨が多く降るため、沿岸部よりも日射量が少なくなっています。

夜間の発電はできない(曇りや雨の日は多少発電します

設置後の影の影響

設置後に屋根に設置した太陽光パネルに影がかかってしまうような建物が建ってしまうことも可能性としてはなくはありません。
こうなってしまうと、予想していた発電量を得ることは難しくなりますし、導入費用の回収も思ったようにできなくなってしまいます。
太陽光発電は長い間設置しておくものですので、設置後の周囲環境の変化もみていかなければなりません。
導入費用の回収まで約10〜15年と言われています。自分の家の周りに大きな建物が建たない保障はありません。自分の住んでいる場所で、こういった大規模工事の計画があるかどうか調べることも大事な点です。

変換効率が低い

太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合である変換効率が15%前後(結晶シリコン系の場合)とまだ高いとはいえません。今後さらに効率的に発電するシステムが開発されてくるでしょう。

台風や竜巻、火災などで壊れる恐れがある

ほぼ無いと言っても差し支えありませんが、竜巻や火災によって太陽光発電システムが故障してしまう可能性も0ではありません。
ただ、台風に関しては太陽光発電システムが故障してしまう可能性は十分にあります。

壊れてしまえば、その後は発電しなくなります。
なので、そのリスクを回避するためには保証が重要になります。

高いお金を出して保証を充実させるか、保証には頼らず安く設置するのか、ここはあなたのセンスが問われてくる部分だと思います。

太陽光発電の保証内容

ざっくりです。

  • シャープは無償10年保証と有償15年保証の2種類。
  • 京セラは無償10年保証。
  • サンヨーも同じく無償10年保証。

このように並べてみると、あまり代わり映えがしないですね。

保証内容はほぼ同じ、三菱・カナディアン・ソーラーフロンティアはモジュール保証のみ長いものの、モジュールの保証だけあっても仕方ない気もします。

はやり、どのメーカーで付けるか比較するよりもいかに安い業者で設置できるのかというところが重要になってくるでしょうね。

金銭的なリスクがある

まず無いとは思いますが、保証が切れた瞬間にパワーコンディショナの取り替えが必要になり、30万円かけて直した瞬間竜巻で家が全壊するみたいなことがあれば金銭的な損が発生します。

ローンを組んだ場合なんかは特に損失大きくなりますね。

ただ、太陽光発電が壊れるときは家も壊れると思ってください。

もしくは見積もりの内容が全くのデタラメだったとかになると予定していた年数で元が取れない可能性もあります。

このリスクに関しては業者を比較することで回避が可能です。

天候に左右されて発電量が一定ではない

季節や天候、時刻に左右され、安定した発電量が得られないデメリットがあり、日射がある昼間しか発電できず、日照時間、日射の強さに影響されます。雨や曇りの日は発電量が低下し、夜間は発電できません。

発電のエネルギー源は太陽光であり、日射の強さや日照時間によって発電量が変化します。

夜間はまったく発電できず、くもりや雨の日は発電量が低下してしまうため、安定的に電気が供給されません。

現状では、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換して取り出せる割合(変換効率)が低いことも関係しているといえるでしょう。もっと変換効率を高くすることができれば、日射量や日照時間が低下してもある程度のエネルギーを得ることができるのです。

現在、多くの研究機関が、より小さい面積で、より多くの光を集めて効率的に発電するシステムを開発しています。こうした技術の実用化が今後の課題といえそうです。

晴れのとき

日射強度に比例して発電します。
電力会社へ電気を買い取ってもらう量が多くなります。

曇りのとき

曇り具合にもよりますが、1日の中でも発電量の変化が大きくなります。

雨のとき

雨の日でも明るさに応じて発電しますが電力会社から電気を買う量が晴れの日と比べると多くなります。

持ち家じゃないと設置できない上に家を売りづらい

これはあまり気にされない方が多いと思いますが、何らかの事情で引越ししなければならないときに太陽光発電が無駄になってしまいます。

もちろん多少は売る時の価格に上乗せされるかもしれませんが、そこまで大きな期待はできないのが現実でしょう。

メンテナンスが必要(保証期間内は無料)

太陽光発電システムの保証期間は基本10年です。保証期間内であれば無料ですが10年を過ぎると有料で15年~20年に延長できるメーカーがほとんどです。
ちなみに、太陽光発電は基本的にはメンテナンスはほとんど必要ないのですが、配線の一部に問題が生じただけでシステム全体が不調になることもあるので10年を過ぎたからといってメンテナンスの延長をしないという判断はできるだけ避けたほうが良いでしょう。

パワーコンディショナなどの電気機器の交換

導入後のメンテナンスがほとんど必要ないとはいえ、太陽光を電力に変えるパワーコンディショナーなどの電気機器や部品の交換が必要となります。

当然、これらの交換にかかる費用が発生しますので、想定外の出費に驚くことのないよう、見積り時に交換が必要となる機器や部品、交換費用などについて調べておくと安心です。
 余った電力を売ることができるというメリットを活かせば、このような費用にあてることができますので負担を極力少なくできる場合もあります。

国からの補助金の打ち切り

太陽光発電の国からの補助金の打ち切りは2014年度3月いっぱいで終了しましたが、県からの補助金はあるのでまだまだ設置費用は安くなりそうです。

お住まいの補助金の金額がいくらか知りたい方はこちらからお調べください。

デメリットを見たけど結局太陽光発電は設置したほうが良いの?

当サイト内で何度もお話していますが、「太陽光発電が儲かる」とか「太陽光発電は儲からない」とか、そういう単純な次元の話ではないのです。

太陽光発電システムという画一的な商品があって、それをとりあえず設置するだけですぐに儲けが出る。

そんな虫のいい話がある訳ないじゃないですか。

ちょっと考えればわかりますよね。私がすかさずツッコミを入れる理由は分かってもらえると思います。では、どうすれば儲けが出るのか。

続きを見るにはこちら↓↓

まとめ

太陽光発電のデメリットに関しては、ある程度見積もりの段階で分かります。

見積もりをしてみて、メリットよりもデメリットが大きいのであれば設置をしなければ良いですし、メリットが大きいのなら設置をすれば良いだけの話です。

まずは見積もりから、ということで一括見積もりサイトをご紹介しておきます。

便利ですので是非有効活用してみてください。

太陽光発電の一括見積りで費用が300万円→190万円に!【110万円も安くなりました】


タイナビの一括見積もりサイトの記入ページの「その他ご意見・ご要望をご記載ください」という欄に「提示価格よりさらに安くしてください」と一言加えましょう。
一括見積もりに登録しているサイトは全て厳しい審査を通過している優良業者のですが、意外にギリギリまで値段を下げてくれます。
また、価格相場だけではなく補助金の確認もできるのが一括見積もりの強みです。