太陽光発電は、導入をすれば誰でも必ず利益が出せるというわけではありません。

あまり表には出ない事ですが、太陽光発電で大損して老後の生活が不安だらけに・・・という方もかなりの割合でいらっしゃいます。

私は以前、太陽光発電の販売業者で働いていましたので裏事情に詳しいのですが、ちゃんと利益を出すためには、これから説明する4つの要素を全て満たす必要があります。

以下を最後まで読みすすめて理解してくれれば大損することは絶対に無くなるので、見積もりをする前に1分くらいで良いのでチェックをしてみてください。

なぜ、太陽光発電を導入した人が次々に大損しているのか?

このサイトにたどり着いたということは、インターネットから太陽光発電の情報を集めているということですよね。

何も調べず訪問販売で契約し、大損する人なんかもいるので、そういう人と比べるとしっかりしてて素晴らしいなと思います。

でもどうでしょう、太陽光発電の価格だったり、実際に導入したときの収支だったり、良く分からないことが多かったのではないでしょうか。

じゃあ見積もりをすれば良いのかというと、実はそうでもありません。

以下はYahoo知恵袋に投稿されているものの一部です。

yahoo知恵袋

実際に見積もりを取ったけれど、適正価格なのかどうかが分からず、決断できないという状況になっている方が多いようです。

このことからも分かるように、太陽光発電は導入するまで分からないことだらけ。

実際に設置して初めて、「なんだこれ、損だらけじゃないか・・・!」なんてことも。

でも、太陽光発電を導入すること自体に問題があるわけではないのです。

間違った考えのもと太陽光発電の見積もりをするからこうなります。

ではどうしたら適正価格をちゃんと理解した上で、気持ちよく太陽光発電の導入ができるのでしょうか?

太陽光発電で大損しない為に必要な4つの要素とは?

太陽光発電の導入で大損しない為には、簡単に言うと以下の4要素が必須です。

  • あなたの家が太陽光発電に向いていること
  • あなたの生活スタイルが太陽光発電に向いていること
  • 安い金額で導入ができること
  • 信頼できる業者に依頼すること

基本的にこれらの要素を1つでも満たさない場合は、大損すると思ってください。

なぜこれらの要素が必要で、どうすれば満たせるのか疑問ですよね。

ということで、少し解説してみたいと思います。

あなたの家が太陽光発電に向いていること

太陽光発電はあなたの家の屋根に設置することになりますよね。

でも、屋根の形や材質というのはそれぞれの家で全く違うものです。

極端な話、こんな感じの屋根だったら太陽光発電は諦めたほうがいいです。

まあ、さすがにここまで極端な屋根はないと思いますが、隠れたところに「不向きな要素」というものはあるものです。

例えば、屋根の材質が特殊で、普通の工事では設置できない場合などもあります。

それに、屋根の形によってはうまく太陽光が当たらないこともあるでしょう。

しかも太陽光発電は自然エネルギーですので、地域の気候などによっては多少発電量に上下があります。

あなたの生活スタイルが太陽光発電に向いていること

太陽光発電を導入するのなら、昼間の電気はなるべく使わない生活スタイルの方が良いです。

なぜなら、昼間に電気を使ってしまうと売電が出来なくなってしまうからですね。

もし昼間に電気をかなり使う家の場合、利益を出す事は難しいかもしれません。

安い金額で導入ができること

初期投資はできるだけ抑えないと回収するまでに時間がかかってしまいます。

20年で300万円分の発電出来るシステムを200万円で買えば100万円の利益です。

しかし、300万円で買ってしまえば利益は0です。

特別安く買う必要はありませんが、適正価格を知らずに高く購入してしまう人も多いものです。

くれぐれも営業マンのセールストークには引っかからないようにしなくてはなりません。

信頼できる業者に依頼すること

太陽光発電は、基本的にメンテナンスフリーです。

ランニングコストもほとんどかかりません。

しかし、不慣れな業者に施工を依頼すると、どこかが壊れてしまったり、修理が必要になったりで、余計なランニングコストがかかってしまう可能性があります。

物によっては数十万円程度かかるので、これが発生するだけでもかなり大損してしまうことになります。

これらの4要素を満たしているかを確実に見分ける方法

  • あなたの家が太陽光発電に向いていること
  • あなたの生活スタイルが太陽光発電に向いていること
  • 安い金額で導入ができること
  • 信頼できる業者に依頼すること
  • ということで4つの要素をお伝えしました。

あなたが太陽光発電を設置するのはこれからが初めてなはずです。

その場合、目利きでこれらの要素を満たしているかを見抜くのはほぼ不可能でしょう。

実際どのくらいの金額が適正なのかも良くわからないでしょうし、信頼できる業者と言っても何を基準に選べばいいのか分からないはずです。

なんとなくの感覚で選んでしまうと本当に大損します。

太陽光発電の補助金などを管理しているJ-PECも、

「太陽光発電システムを導入・設置の際は、よく検討して、業者を選定して頂くようにお願いします。」

とホームページで注意を促すほどです。

なので、できるだけしっかり検討してから導入をしたいところです。

複数業者の見積もりを比較しましょう

太陽光発電の価格や施工の信頼性などは、その業者によって全然違います。

私が知っている人でも、訪問販売の業者に見積もりを出してもらったら

「この屋根の材質だと少し費用がかさむので300万円くらいかかりますね」

と言われて、念のため他の業者に見積もりを出してもらったら200万円かからず済んだということがありました。

太陽光発電はオーダーメイドなので、繰り返しになりますが価格や施工品質などは業者によって全く違います。

一括見積もりサイトを使うなどして、必ず複数業者に見積もりを取ってもらいましょう。

太陽光発電の一括見積りで費用が300万円→190万円に!【110万円も安くなりました】


タイナビの一括見積もりサイトの記入ページの「その他ご意見・ご要望をご記載ください」という欄に「提示価格よりさらに安くしてください」と一言加えましょう。
一括見積もりに登録しているサイトは全て厳しい審査を通過している優良業者のですが、意外にギリギリまで値段を下げてくれます。
また、価格相場だけではなく補助金の確認もできるのが一括見積もりの強みです。